不動産名義変更の便利情報をチェック

不動産を相続、譲渡、分与、売買する時、不動産名義変更をする必要があります。

不動産名義変更の必要性

不動産名義変更の必要性 2013年4月3日 @ 13:43 編集

「不動産登記」、、、なんだか難しそうな言葉ですが、コレが意外と我々の生活において、何かと必要になるものなんですよね。

例えば、家を購入した時や、家を増築した時、あるいは家を子供に譲渡した時など、不動産登記が必要になってきます。

不動産登記とは、土地や建物が誰のものなのかを、国の帳簿に登録して公開することです。

すべての人が安心して土地や建物の取引を行うためには、必要不可欠な制度といってよいでしょう。

じゃあ、不動産登記を変更するときはどうするのでしょうか?例えば、不動産の所有者が亡くなった場合等は、登記簿上の土地の所有者を故人から相続人に変更する必要があります。

この手続きのことを不動産名義変更の相続登記と言います。

不動産名義変更は、不動産を相続する時以外にも、生前に配偶者や子供の不動産の名義を変える「生前贈与」や、離婚により不動産の名義を夫から妻に変える「財産分与」、不動産を購入した場合の「売買」などの際には行う必要があります。

基本的に不動産名義変更をするには、上記のような一定の理由が必要になります。

法律に則った理由がない場合は、不動産名義変更をすることはできません。

不動産名義変更を行うには、理由を証明する書面を作成し、法務局に提出し手続きをします。

参考リンク・・>不動産名義変更手続センター